マーベル、DCの違いを映画で解説!バットマンはマーベルじゃない!?

DC

マーベル、DCコミックス、最近のアメコミ映画といえばこの二大巨頭がほとんど!

そして、毎年のように何本も公開されるアメコミ映画ですが、正直どのヒーローがマーベルで誰がDCコミックスなのか分からないって事ありますよね?

「バットマンはマーベルじゃないの?」

「スパイダーマンってDCじゃなかったっけ?」

この記事ではそんな混乱してしまうほどたくさんのヒーローが劇場に登場した今、マーベルヒーローとDCコミックスのヒーローがごちゃ混ぜにならないように徹底解説します!

読み終わった時にはきっとマーベルとDCの違いを友達や同僚に話せるくらいになっているはずですので、どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

 



マーベル、DCの違いを映画を元に解説!

アメコミの二大巨頭であるマーベルとDC。

この2社は言わずもがなアメリカで大人気のコミックレーベルです。

違いの前にそもそもマーベルとDCって何?という方もいると思うので、そもそもマーベルとDCコミックスとは!から簡単に解説します。

マーベルMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)

映画やマンガは知らなくてもTシャツのロゴとしてなら知ってるかもしれない、最近では圧倒的な知名度を誇るとも言っても過言ではない『マーベル』。

現在は親会社がディズニーとなり、その傘下で様々な新しいマンガが発表されています。

簡単に例えると日本でいう「週刊少年ジャンプ」といったところでしょうか!

マーベル映画はすべて世界観がつながっており、MCU『マーベル・シネマティック・ユニバース』と呼称されています。

DCコミックスDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)

日本での知名度からするとマーベルよりは多少劣るかもしれませんが、実は歴史はDCコミックスの方が数年ほど長いのです!

こちらはハリーポッターなどで有名なワーナーブラザーズの傘下にあり現在でもマーベル同様に様々なマンガが発売されています。

マーベルを『週刊少年ジャンプ』に例えたので、DCコミックスはさながら日本でいう『週刊少年マガジン』のような存在です!

DCコミックスの映画についても世界観を共有している映画も多く、これらは『DCエクステンデッド・ユニバース』と呼称されています。

アメリカの二大アメコミといえばこの2社であり、この事実を踏まえると違う会社から生まれたヒーローマンガであることが分かります。

誰がマーベルで誰がDCコミックス? 違いを解説!

いよいよどの有名ヒーローがマーベルでDCコミックスなのか解説します!

設定、あらすじにつきましては映画版のものを解説しますのであしからず!

まずはアメコミ映画のブームを作ったマーベルから!

まずはマーベルから! すべての始まり『アイアンマン』

アメコミ映画ブームは彼から始まったといっても過言ではない・・・。

まずご紹介するのは『アイアンマン』です!

アメコミ映画とかよくわかんないけどアイアンマンは知ってる。

って言われる最もたる作品の一つです。

アイアンマンことトニー・スタークは大金持ちの大天才。

軍需産業によって巨万の富を築いたトニーでしたが、ある時プレゼンに訪れた戦場であるゲリラに誘拐されてしまいます。

そこで平和を守るために製造していたはずの自分の武器が敵にも使われていると知るトニー。

彼は監禁されながらもアイアンマンのスーツのプロトタイプを完成させると、ゲリラたちを蹴散らして生還します。

そして、今後は軍需産業から手を引くことを宣言します。

その代わりトニーは悪の魔の手から自分の身や大切な人たちを守るために特別なスーツを改良していきます。

そして誰もが一度は見たことがある姿の『アイアンマン』が完成するのです。

わがままな第一印象とは裏腹に、彼はどんな時も世界と仲間を救うために、全力を尽くすヒーローです。

次は2000年代マーベル映画の元祖『スパイダーマン』!

※引用は最新のスパイダーマンです。

次にご紹介するのは2000年代ヒーロー映画の先駆け『スパイダーマン』です!

これまたヒーロー映画を知らない人でも名前は知っているシリーズ、スパイダーマンもマーベルの一員です!

DCではありません!

スパイダーマンは2000年代はじめSONYより単独の3部作で映画化され大ヒットしました!

(アメイジングスパイダーマン2部作も大好きだけどここではややこしくなるので割愛します!汗)

マーベルコミックス原作の中でも歴史が古く人気も高いことから、マーベルといえばスパイダーマンと覚えていてもおかしくはありません。

時代によってその設定は変化していますが基本的にはザっと説明しますと、やべえクモに噛まれてやべえクモ的なスーパーパワーを手に入れたヒーローです!!w

ですが彼はまだ高校生。ヒーローにしては若すぎる男の子なのです!

ですが最近のマーベル映画の中ではアイアンマンことトニー・スタークに見込まれて街の自警人からヒーローへと成長していきます。

そして今や今後のマーベル映画の中心を担う存在となりつつあるヒーローです!

スポンサーリンク



そしてマーベル映画の集大成『アヴェンジャーズ』

まとめてごめんなさい・・・!!!

このあとDCも控えてるので・・・!?
個々の紹介はまた別の機会に作成いたします!

ということで、最近で最も誰でも名前だけは聞いたことがある『アヴェンジャーズ』!

このアヴェンジャーズとはマーベルヒーローが集合したチームの名前です。

特に下記の6人のヒーローは初期メンバーで、アヴェンジャーズの中心人物と言えます。

一人ずつ紹介していきますと、

◆ブラック・ウィドウ(♀)→ 元ロシアの凄腕スパイ。スーパーパワーはない。

◆マイティーソー(♂)→ 別世界「アスガルド」に住む雷神

◆キャプテン・アメリカ(♂)→ アメリカのキャプテン。超人血清を投与された凄い人間。

◆ホーク・アイ(♂)→ ただの弓が凄い人間。ただの人間なのが良い。

◆アイアンマン(♂)→ スーツを着た大富豪プレイボーイ。超天才。

◆ハルク(♂)→ ガンマ線で突然変異した緑の大男。めっちゃパワフル。

・・・説明が雑じゃないかって? 逆に一人ひとりここで説明してたらいつまでもDCコミックスへいけないんです!!!(力説)

一人ひとりにスポットライトを当てた記事はぜひそのうち作成します・・・!

とにもかくにもこの6人を中心としたアヴェンジャーズは仲間を増やしたり減らしたりしながら、
地球だけに留まらず宇宙の平和を守ることとなるのです・・・!

次はDCコミックスDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)

 

この投稿をInstagramで見る

 

DC(@dccomics)がシェアした投稿

独自路線を模索するDCコミックス…!

どちらかというとマーベルよりも大人向けな作品が多いです。

THE・アメコミヒーロー!!で成功したマーベルに対して、DCコミックスは作風をシリアス路線に舵を切ります。

そしてこれが大成功。

特に大ヒットとなったのがこちら。

もはや伝説…バットマン『ダークナイト』3部作はハズレ無し

これまでたくさんの監督と俳優によって映画化されてきた『バットマン』

彼こそDCコミックスの顔と言って間違いないでしょう。

バットマンはマーベルじゃないんです、DCの二大巨頭なんです。

ゴッサムシティに生まれた大富豪の息子、ブルース・ウェインは幼い頃に強盗に両親を目の前で奪われてしまいます。

犯罪を激しく憎むようになったブルースは成長すると表向きはウェイン産業のCEOを務めながらバットマンとして悪を罰するダークナイトとしての活動を始めるのです。

このバットマンを単なるヒーローではなくリアリズムを取り入れながらダークとシリアスを織り交ぜて制作されたクリストファー・ノーラン監督作、

『バットマン:ビギンズ』
『ダークナイト』
『ダークナイトライジング』

上記の3部作は高い評価を得ました。私も『ダークナイト』が今まで観てきた映画の中でも5本の指に入るほど大好きです!

しかし、その後の映画がこの作風に引っ張られすぎたため、DCコミックスの映画はしばらくマーベルとは対照的に苦戦を強いられるのですが・・・それはまた別の話。

DCコミックスの二枚看板!『スーパーマン』

何ググってもスーパーマンって・・・イケメン過ぎない?

マスクを被るバットマンとは違って素顔を晒して戦う超人、その名も『スーパーマン』

その名の通り凄い男です。本当にこの一言に尽きるんですが、あえて説明させていただくのであればスーパーマンは人間ではありません。

彼はクリプトン星からやって来たクリプトン人。
つまり宇宙人なのです!

宇宙人なのでまず身体能力が全く違います。
すべてが超人以上。銃弾も跳ね返すし空も飛べます。意味わかんない。
しかも他人が知覚できないほどの速さで動くことができるヒーローを知覚できます。

うーん一周回って好き!!!

そんな超人を超えた超人ヒーローがスーパーマンです。

最強!完全無欠!って感じですがそんなスーパーマンにも弱点が存在します。

それは『クリプトナイト』という物質。
これに触れるとスーパーマンは力を失ってただの人間になってしまいます。

あとは考え方次第ですがほとんどの物語でスーパーマンは優しすぎてとても苦労します。

そういった点でいえば彼の「優しさ」も弱点かもしれません。

スポンサーリンク



DCコミックスの集大成『ジャスティスリーグ』

またまとめてすみません・・・。

でもこれで大枠はお分かりいただけたのではないでしょうか!

『ジャスティスリーグ』

こちらはDCコミックス版のヒーローチームです!

こちらも順番にご紹介しますと、

 

◆フラッシュ(♂)→ 超高速のスピードスター。今回の映画ではコミカルな口調の青年。

◆サイボーグ(♂)→ 機械と体が融合したサイボーグ。現代なら最強疑惑。

◆ワンダーウーマン(♀)→ アマゾネスと神のハーフ。美しき超人女戦士。

◆バットマン(♂)→ 超リッチなクライムファイター。闇に紛れるダークナイト。

◆アクアマン(♂)→ 海底都市アトランティス人と人間のハーフ。海を自在に泳げる。

 

マーベル『アヴェンジャーズ』の成功に続けとDCコミックスとワーナーブラザースが制作したジャスティスリーグは、結果的にこの映画が本格登場のヒーローが3人という強引な導入、

監督の交代劇、再撮影、シリアス路線の悪い継承という負の連鎖によって、興行的に微妙な結果となってしまいました。

監督の交代劇からの大幅な再撮影も大きな影響があったと思われます。

なので、最近では『スナイダーカット』という交代前の監督の映像で『ジャスティスリーグ』を観たい! というファンの声によって、スナイダーカットverの公開も決定しています。

ファンすごい・・・。

しかし、あしからず。

熱心なファンもそうですが、ヒーローとは逆境やピンチの中でも諦めないのです。

その結果、この映画で本格参戦した『アクアマン』
前作『バットマンVSスーパーマン』で登場した『ワンダーウーマン』の単独作品は大ヒットを記録します・・・!

どっちも面白かったもの・・・。

そして前述したように最近では監督が交代する前の『ジャスティスリーグ』を再編集して公開する流れがあります。

これは現在公開されている『ジャスティスリーグ』と大きく展開が異なるという情報が出回っており、DCファンは公開を今か今かと待ち望んでいるところなのです・・・!

しかし、配信での公開とのことでそのVODサービスは日本未上陸のため、私自身も公開が待ち遠しいですが果たして日本で公開されるのか・・・。

いや、これだけ盛り上がっていればされるはず・・・!

スポンサーリンク



まとめ「マーベル、DCの違いを映画で解説!バットマンはマーベルじゃない!?」

本当に代表的なヒーローをご紹介してマーベルとDCコミックスの違いをご紹介しました!

まとめると、

・マーベルとDCはアメコミの二大巨頭。
・マーベルはディズニー傘下。DCはワーナーブラザース
・スパイダーマンはマーベル。バットマンはDC。
・MCUとDCEUにはそれぞれの良さがある

マーベルにはマーベルの、DCコミックスにはDCコミックスの良さがあります。

「スパイダーマンとバットマンは共演しないの?」

などとたまに聞かれることがありますが、今回の記事を通してそもそも制作会社自体が違うんだよということがお分かりいただけたかと思います。

・・・でも実はコミックスではマーベルヒーローとDCヒーローは共演済なのです。

ディズニーとワーナーブラザースが話し合う機会が今後あればもしや・・・。

今から夢が広がりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました