呪術廻戦138話『禪院家』ネタバレ感想考察!渋谷事変から御三家騒動編へ!?

呪術廻戦

どうも、百瀬(ももせ)です。

今回は呪術廻戦138話のネタバレ感想を記事にしました。

138話の題名は『禪院家』。

この記事では138話をネタバレ有りで感想と考察を記載しています。

呪術廻戦ファンの皆さんの物語認識の一助になれば幸いです。

※この記事には呪術廻戦138話までのネタバレを含みます。



呪術廻戦138話『禪院家』ネタバレ感想!渋谷事変から御三家編へ!?


引用元:芥見下々/集英社
©芥見下々/集英社

前回、呪術廻戦137話考察と138話展開予想では渋谷事変後の虎杖悠仁の様子が描かれるのではないか?

と、筆者は予想したのですが・・・。

前回の筆者の考察の詳細はこちら↓

結果として3割だけ当たったかなあという感じです・・・。

だって、乙骨憂太あれだけ目立たせといて、一気に新展開いくと考えないじゃない・・・。

さすが芥見先生・・・まだまだ私の思慮が足りませんでした。

という事で、呪術廻戦138話の題名は『禪院家』。

まさかの御三家にスポットライトが当たっていきます。

呪術廻戦138話『禪院家』ネタバレ感想!禪院家に激動が!!

新展開にはお決まりの新キャラクターが登場します。

その名も、『禪院直哉』。

この他にも禪院家の主要人物と思われるキャラクターが2人登場します。

その名も『禪院甚壱』と『禪院扇』。

しかも、全員なんと特別1級術師です。

渋谷事変の時、己ら何してたんじゃ。

そして、彼らのやり取りで渋谷事変を戦ったキャラクターたちの安否が明らかになります。

どうやら真希は瀕し状態のようです・・・。

真希、生きろ・・・頼む。

禪院直毘人、逝去。禪院家は遺言に従い新当主へ

そして、現当主であった禪院直毘人が亡くなった事がこの3人へ告げられます。


引用元:芥見下々/集英社
©芥見下々/集英社

おじいちゃん・・・真希を戦闘中とはいえサポートしたり、実は良い奴なんじゃないかと推測してたのに。

ここでリタイアのようです、お疲れ様でした。

真希にはなんとしても地獄の底から復活して頂きたい。

君には伏黒甚爾を越えるという明確な目標が見えたばかりじゃないか・・・。

そして、家老のようなキャラクターが禪院直毘人の遺言を公開しますが、衝撃の展開が待っていました。

禪院家の新当主は新キャラクターに・・・と思いきや伏黒恵に!?

禪院直毘人の遺言によると、次の新当主は禪院直哉との事。

また、全財産や呪具も彼の物となるようです。

一応、更に登場した二人の新キャラが相談役としてある程度の権力を持つらしく、本人は不満げでした。

しかし、遺言にはさらに続きがありました。

それは、『ただし、五条悟が何らかの理由で亡くなったり、意思能力を喪失した場合は伏黒甚爾との制約状を有効とし、伏黒恵を禪院家へ迎え入れ当主とする』ものでした。

・・・マジか。

五条悟は皆さんもご存じの通り、渋谷事変にて封印されてしまい、何なら呪術界から追放が決定しています。

やってくれたな、伏黒甚爾。

封印されている以上、五条悟は意思能力の喪失と認めて差し支えないでしょう。

確かに伏黒パパが吹っ掛けた際に禪院直毘人は相伝の術式があれば幾らでも出すような言動をしていました。

なので、こんな遺言を残していたとしても不思議ではありません。

それだけ相伝の術式は御三家にとって重い意味を持つことが再確認されました。



渋谷事変後の新展開。伏黒恵も命を狙われる事に!!

当然ながらこの遺言にぬか喜びしていた禪院直哉は納得できません。

そして、どうやら伏黒恵は現在は魔都と化してしまった東京で虎杖を探している様子。

これ幸いとばかりに禪院直哉は伏黒恵を宿儺の器こと虎杖とまとめて始末する事を宣言。

また一人、虎杖(&伏黒)を狙う刺客が現れてしまいました。

・乙骨憂太
・禪院直哉(禪院家)
・呪術界保守派

虎杖・・・あっちもこっちも敵だらけじゃねえか。

狗巻先輩、虎杖に「逃げろ」って言ってあげて・・・。

虎杖、脹相と共に呪霊絶対祓うマンに・・・。

ここは前回の考察が当たった部分でもあるのですが、やはり九十九が虎杖たちを救出していました。


引用元:芥見下々/集英社
©芥見下々/集英社

しかし、九十九は虎杖たちの味方ではないという立場を明確にし、「しがない美女さ」といつもながらのセリフ回し。

あれ、九十九の言う仲間ってラルゥも入っているよね・・・?

あれ、ラルゥってもしかして百鬼夜行時代から九十九の二重スパイだったりして・・・?

そして、九十九から「君はどうする?」と聞かれた虎杖はやはり共にいた脹相からケガの状態を気遣われます。

完全に脹相お兄ちゃん。

虎杖によると黒閃のダメージはあるが、それ以外は自分の中で大きくなっている宿儺の影響で大丈夫な事。

そして、これも宿儺が渋谷において大量の人間を手にかけた為、もう皆と一緒にいられないと心境を吐露します。

さらに虎杖は宿儺が伏黒を重要視している事を明確に認識したようです。

「脹相こそいいのか?俺はオマエの弟もころしたんだぞ」

自責の念に苛まれている虎杖は脹相にも自分と行動を共にする事に疑問を呈します。

しかし、脹相は弟たちに対する一連の出来事は事故だったといい、許す許さないではなく兄弟だと虎杖に告げます。


引用元:芥見下々/集英社
©芥見下々/集英社

お兄ちゃんイケメンかよ・・・かっこよすぎる。

脹相の株がどんどん上がってません?

そして、虎杖はとにかく呪霊を減らそうと動き出します。

やはり芥見先生が休載された週刊少年ジャンプ10号での次回予告は間違いではなかったようです。

こうして、虎杖と脹相は東京で呪霊を狩り続ける事になるのでしょう。



まとめ「呪術廻戦138話『禪院家』ネタバレ感想!渋谷事変から御三家編へ!?」

最後にもう一度「呪術廻戦138話『禪院家』ネタバレ感想!渋谷事変から御三家編へ!?」についてまとめます。

・呪術廻戦138話『禪院家』は新展開と新キャラクターが登場。
・真希の安否が判明。禪院直毘人は逝去。
・禪院家の新当主は五条悟封印により伏黒恵に。
・禪院直哉、激怒。伏黒と虎杖ともども亡き者にしようと画策。
・伏黒は東京で虎杖を捜索中。
・九十九は虎杖たちを救出したと思われるが味方ではないと意志表示。
・虎杖と脹相は東京で呪霊狩りへ。呪霊絶対祓うマンに。
筆者の中で脹相の株が上がりまくりなんですが私だけですか?
マジで今後、渋谷事変後は各勢力と思惑が複雑に絡み合う展開となっていきそうです。
今回も見ごたえしかなかったので、ぜひジャンプ本誌かジャンプ電子版で読んでみてください!
今後の展開から、マジで目が離せません・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました