呪術廻戦139話最新ネタバレ『狩人』感想考察!渋谷事変から乙骨・直哉らが虎杖討伐へ!?

呪術廻戦

どうも、百瀬(ももせ)です。

呪術廻戦最新139話をネタバレありで感想を記事にしました。

最新139話の題名は『狩人』。

この記事では139話をネタバレ有りで一部考察も記載しています。

いや、マジで渋谷事変後の展開ぱねえっす。

乙骨憂太と禪院直哉も期待を裏切らなそう。

 

呪術廻戦ファンの皆さんの物語認識の一助になれば幸いです。

それでは最後までどうぞお楽しみください!



呪術廻戦139話最新ネタバレ『狩人』感想考察!渋谷事変から乙骨・直哉らが虎杖討伐へ!?

前回、呪術廻戦138話考察と139話展開予想では渋谷事変後、いよいよ虎杖悠仁の呪霊狩りの様子が描かれるのではないか?

と、筆者は予想しました。

↓前回の筆者の考察と展開予想はこちら↓

 

今回はそこそこ当たったんじゃあないでしょうか!!

やっぱり週刊少年ジャンプの次回予告は次々回予告なのかも・・・?

最新139話の題名はそのまんま『狩人』。

まさに虎杖と脹相がメインの回でした。

呪術廻戦最新139話ネタバレ感想『狩人』虎杖&脹相、連携技で呪霊狩り!

遂に前回138話で宣言した通り、虎杖たちが渋谷事変後の東京で呪霊狩りを始めました。

虎杖が呪霊をおびき寄せ、呪霊たちが集まって来ると脹相の下へ誘導します。

そして、脹相は『赤血操術』によって呪霊を一気に貫きました。

お兄ちゃんマジでかっこいいんよなあ。

加茂さんだとあんまりピンと来ないんだけど、脹相が使うと『赤血操術』ってタイマンでも1VS多数でも戦えてやっぱめちゃくちゃ使い勝手良い・・・

さすが御三家の相伝の術式。

そして、脹相の攻撃を免れた残党を虎杖が祓います。

その姿を見て脹相は、虎杖の戦う姿を見て脳内で褒め称えます。

まさに鬼神だと。

勿論、「さすが俺の弟だ」と直接虎杖に伝えるのも忘れていません。

脹相が虎杖を鬼神と感じたのは宿儺の完全顕現間近のサイン?

某無双ゲームなどで浸透している意味ですと超人的な能力を持つ人に向けて使いますが、今回はどうしてもダブルミーニング感は否めません。

「きじん」「きしん」「おにがみ」と読み方はそれぞれですが、いずれにしろ荒々しく恐ろしい神や、化け物の事を指します。

また、鬼という言葉に関しては近現代以前までは目に見えない恐怖に対して鬼の仕業という風に言葉を使っていたとも言われているのです。

宿儺の力が増している事や渋谷事変での行いを考えると、どうしても虎杖の変質を現しているように感じてなりません。

何しろ第3話で五条悟は宿儺を虎杖に対して説明する際、宿儺の事を『仮想の鬼神』と呼んでいました。

これは今後遠くない未来で、

・宿儺の完全顕現が実現
・虎杖と宿儺が同化する

上記どちらかを暗示しているように思えてなりません。

『契闊(けいかつ)』のくだりがあるので前者かなと考える反面、結構宿儺自体にも予想外の事態はちょいちょい起きているので、後者もあり得ますよね・・・。



呪術廻戦最新139話ネタバレ感想『狩人』やはり虎杖の父親は加茂憲倫?

「さすが俺の弟だ」と言われた虎杖。

虎杖はこの脹相の弟発言に対して「まだ言ってんの?」と呆れた風でしたが、それに対して脹相が続けます。

「何度でも言うさ、あったハズだ」

「お前の父の額にも縫い目が」

マジで脹相さんちゃんと核心付いてくじゃん・・・もはや恐ろしさすらあるよ・・・。

脹相はハナから虎杖が人間かどうかという事にはこだわりがありません。

何故なら自分も人間と呪霊のハーフだからです。

脹相は虎杖が自分の弟だと確信しているので、今回の発言に至ったのでしょう。

脹相の発言により暫定ではありますが虎杖の父親は加茂憲倫説がまた濃厚となってきました。

133話で偽夏油が「我ながら流石というべきか」「宿儺の器、タフだね」と発言していた裏取りにもなります。

虎杖は加茂憲倫の息子なのか、はたまた元々呪霊が混じっていたのか。

果たして・・・。

あと虎杖と脹相に本当に血のつながりがあるならやっぱ存在しない記憶、どちらもブラフな可能性も出てきたよなあコレ。

呪術廻戦最新139話ネタバレ感想『狩人』一番乗りはまさかの禪院直哉

もっと虎杖の出生の秘密に迫る話を聞いていたかったですがここに乱入して来たのが、まさかの禪院直哉。

先に行動していたと思われる乙骨憂太や伏黒恵よりも早い到着です。

本人自身も恵がいない事にがっかりした様子。

そして、禪院家ではまとめて殺す発言をしていましたが、正直虎杖には興味はないとの事。

直哉は御三家の当主にさえなれれば宿儺の問題などどうでもいいようです。

さすが御三家()

そして、どうでもいい故か虎杖に五条悟がいなくなったから死刑執行されるよとわざわざ教えてあげる親切っぷり。

おかげで虎杖が137話で読者が思い出した、五条悟によって救われていた術師がたくさんいるとの猪野の発言を思い出しました。

そして、直哉は自分から伏黒を探している事を虎杖に伝えます。

当然なんの用だと聞かれますが、

「死んでもらお思て その前に一筆書いてくれると助かるねんけどな」

いやいや直哉さん、一筆書かせた方がややこしくなりません・・・?

禪院直哉は相伝術式『投射呪法(とうしゃじゅほう)』の使い手か?

虎杖の生死は直哉にとってどうでもいい為、伏黒を探す餌として虎杖の足でも折っておこうと軽口を叩きながら虎杖たちと直哉は戦闘に突入します。

伏黒も虎杖を探している事をまたも親切に虎杖へ教えてあげる直哉。

足一本折っとけば虎杖を止められると思ってるあたり、直哉の噛ませ犬感がすごいんだが大丈夫か・・・。

虎杖の反応が追い付かない速度で攻撃したり二人の目の前から消える速さに、虎杖は疑問を持ちます。

脹相もその疑問に対して「術式だろうな」と一言。

このくだり、禪院直毘人の陀艮へ初撃を加えた様子を見たナナミン達の流れにそっくりです。

なので恐らく直哉は父の術式を受け継いでいるの可能性が高いです。

しかし、敵をフリーズさせるような直毘人の戦法は現在はまだ使っていない為、術式として亜種や別種なのか、もしくはまだ直哉は投射呪法を攻撃に転用できないのかもしれません。

呪術廻戦最新139話ネタバレ感想『狩人』ついに乙骨憂太が登場!!

禪院直哉は虎杖と脹相に対して思ったよりやる、なめてたと発言します。

そして、さらに早くしてみるかと次撃を繰り出そうとしますが次の瞬間、三人を異質な空気が包みます。

それはぬるっという効果音。

この不気味さを虎杖は一瞬五条悟と勘違いしますがもっと不気味と表します。

もちろん、現れたのは乙骨憂太。

「あれ?一人じゃないんだ」

ここで139話は終了となりました。

遂に来たーーー!!!

乙骨先輩!!

虎杖が五条と一瞬その気配を勘違いしたり、もっと不気味と評したところから実力は特級クラスを維持しているとみて間違いないでしょう。

偽夏油は里香を解呪した憂太には興味がない旨の発言をしていましたが、もっと不気味と言わしめるポテンシャルがある事を考えるとこれはもしかすると0巻で使えた能力あらかた使えるのかも?

カタカナ『リカちゃん』の真相も気になります。

いや、マジで直哉噛ませ犬説濃厚になってきたなあ・・・

真希を小馬鹿にした奴を憂太がボコボコにするのは結構胸熱。

(で、ミゲルは・・・?)



まとめ「呪術廻戦139話最新ネタバレ『狩人』感想考察!渋谷事変から乙骨・直哉らが虎杖討伐へ!?」

最後にもう一度呪術廻戦最新139話『狩人』ネタバレ感想考察!についてまとめます。

・虎杖&脹相、呪霊狩りを開始
・脹相が虎杖の父 加茂憲倫説を裏取りするような発言
・虎杖へ一番乗りは禪院直哉
・禪院直哉の術式は父、直毘人からの相伝術式『投射呪法(とうしゃじゅほう)』か
・乙骨憂太も参戦!直哉の噛ませ犬臭がプンプンし始める
・伏黒は現れず

138話の最終ページに伏黒は描かれていなかったのでもしやと思いましたが、やはり伏黒は現れませんでした。

もしや津美紀の件が伝わったのか・・・?

虎杖が自分の死刑執行について把握していなかった事から、やはり時系列としては渋谷事変直後という事で間違いなさそうです。

次回、140話。

考察、憶測が飛び交う今後に一つの答えが出る場面となりそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました